レインマンカテゴリの記事一覧

レインマン



私は、ダスティンホフマンが大好きだ。

だから、レインマンもこれで4回目だ。

自分の子どもがまさか自閉症を持って生まれてくるとは
思わなかったけど、レインマンという映画が大好きだった。

もしかしたら、私のレインマン好きを神様が見ていて、
「U氏を理解してくれるだろう」と
私にU氏を授けてくれたのかもしれない。


改めて、レインマンを観た。

泣けた。

「ただ抱きしめたかっただけだ」
というシーンと、

「チャーリーがふざけた」
と、レイモンドに冗談が通じ、
二人で笑うシーン。


自閉症のレイモンド(ダスティンホフマン)は、
数学的才能を持っていて、落ちた楊枝の数をぴたりと当ててしまう。

6組のカードを暗記できるので、
カジノで大もうけ♪
ふたりのスーツ姿は格好良かった。

でも、誰かに触れられるのが大の苦手。

弟のチャーリー(トムクルーズ)が
「抱きしめてもいい?」
「イエス」
というので抱きしめようとしたら
パニックになってしまう。

ただ、抱きしめようとしたのに、
愛情を表現しようとしたのに・・・

この葛藤には、涙がでた。

幸いU氏は抱きしめられることが苦手ではないので
抱きしめることはできるが、
自閉症を持つ子のなかには
やはり苦手な子もいるだろう。

やりきれない思いでいっぱいになる。


自閉症の人は、
他人とのコミュニケーション能力に欠けるという。

U氏も、マイペースタイプで、
みんなと遊ぶより、
自分がしていたいことをしているタイプ。

だから、私は常々
「空気読めない子だなぁ〜」
と思っていたのだ。

空気を読める子は、気遣いができる。
モテる。

うちのU氏が空気を読めるようになったら
モテ街道まっしぐらなのになぁ〜と
思うのだ。母は。


自閉症を題材にした映画:【新品】 DVD洋画 レインマン(FOX)