光とともに・・・



漫画としても読み応えがあるし、
自閉症の人への理解も高まるのでは?
と思う漫画です。


私はこの光とともに・・・を
5年くらい前に読みましたが
「自閉症って大変そう・・・」
という感想だけでした。

まさか自分の子どもが自閉症をもって
生まれてくるなんて思ってもみなかったですしね。

光くんとおなじところもあれば、
違うところもあるかな?

やはり自閉症は十人十色なんだなぁと
思いました。

溝や側溝に石をぽちゃぽちゃいれるのは
好きでしたね。
そして、今も好きですね。

きらきらしたものよりも、
うちはビデオをみたいこだわりがあるかなぁ。

自閉症の子を理解したいと思われているかたも、
うちの子、もしかしたら自閉症かも?
と思われている方はぜひ読んでみてください。

私は幸い、両親、義理の母共に
理解を得られているので、
光とともにを読ませなくてもいいかな?とは思いますが(笑)
もし、理解されていないような両親、義理の両親がありましたら
買って、そっと送って読んでみて、
といってみてもいいかもしれません。

みんな、それなりにいろんな葛藤があることが
分かります。

健常児の親にしてもそうです。

なにも自閉症の親だから・・・
ということではなくて。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4246710
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック